粗大ごみ?フリマで売れる?上手な衣装ケースの処分方法

引っ越しの際に処分に困ってしまうアイテムの一つが、古くなった衣装ケースです。

衣装ケースは大きくて邪魔になる上に、ごみとして処分するにも色々な確認事項があります。不要になった衣装ケースをごみとして処分したくても、処分する方法がわからず困ってしまったという経験はないでしょうか。

今回は、不要になった衣装ケースを処分するための方法をいくつかご紹介します。ごみとして処分する際の注意点も解説していますので、是非参考にしてください。

目次
  1. 1. 具体的な衣装ケースの処分方法
  2. 1.1. 1衣装ケースの材質とサイズを確認しておこう
  3. 1.1. 2オークションサイトやフリマアプリへの出品
  4. 1.1. 3希望者への譲渡
  5. 1.1. 4ボランティア団体への寄付
  6. 1.1. 5リサイクルショップに売る
  7. 1.1. 6引っ越し業者による引き取りサービスを利用する
  8. 1.1. 7不用品回収業者の利用
  9. 1.1. 8自治体回収の利用
  10. 1. 衣装ケースを廃棄物として処理するには?
  11. 1.1. 1粗大ごみとして処分する
  12. 1.1. 2プラスチックごみとして処分する
  13. 1.1. 3衣装ケースを業者に引き取ってもらう場合
  14. 1.1. 4無料回収業者には要注意!
  15. 1.1. 5安心できる業者はどこで見分けられる?
  16. 1. 衣装ケースはメーカーや状態によって処分方法を変えるのがベスト

具体的な衣装ケースの処分方法

では、不要になった衣装ケースはどのように処分したら良いのでしょうか。衣装ケースを処分するための具体的な方法を解説します。

1衣装ケースの材質とサイズを確認しておこう

衣装ケースを処分する前に、衣装ケースの材質とサイズを確認してメモに取っておきましょう。

プラスチックの材質を確認しておくことで、ゴミとして処分するときの参考になるだけでなく、フリマアプリや譲渡に出す際の情報としても役に立ちます。

また、同じ材質のケースでも、サイズが一定以上大きなものは粗大ごみ扱いになるなど、処分のルールが大きさによって変わってくる場合があります。処分方法を検討する前に、必ず材質とサイズを確認しておきましょう。

2オークションサイトやフリマアプリへの出品

出典:ヤフオク!

オークションサイトのヤフオク!や、フリマアプリとしてお馴染みのラクマメルカリといったサイトに衣装ケースを出品しておくと、衣装ケースを探している人が購入してくれることがあります。

特にIKEA無印良品といった人気のあるインテリアブランドの製品で、まだ状態の良い綺麗な衣装ケースの場合は、比較的早く希望者が現れることが多いです。まだ綺麗なケースだけど使っていないから、などの理由で処分を検討している場合は、捨てる前に一度このようなサービスを利用して購入希望者を募ってみるのも良い方法です。

3希望者への譲渡

出典:ジモティー

ジモティーを利用して、衣装ケースを必要としている人に譲り渡すというのも一つの方法です。

フリマアプリやオークションサイトとジモティーの違う点は、地域ごとの掲示板がメインのため比較的近所の人との交渉になることが多いという点と、無料で譲り渡すことが可能であるという点です。

代金は無料でもいいから直接引き取りに来てくれる人に渡したい、などの場合にはジモティーのほうが役に立ちます。

4ボランティア団体への寄付

出典:ワールドギフト

衣装ケースだけでなく、使わない靴やもう着ない服、不要な食器などがある場合、是非一度試してほしいのがボランティア活動への寄付です。

国際社会支援推進会ワールドギフトでは、不用品となった靴や服、雑貨などを回収して、海外の途上国へ支援物資として送るという活動をしています。段ボールに入れた状態で縦、横、奥行きが合計160センチ以下のサイズのものであれば、集荷で取りに来てくれるので、持ち込みの必要はありません。

集荷代金として一番小さな120サイズで2400円、最大の160サイズで3700円がかかりますが、不用品を通して社会貢献活動に役立てることができます。家に衣装ケース以外の不用品があり、処分に困っているという場合は是非検討してみてください。

5リサイクルショップに売る

状態の良い衣装ケースの場合、リサイクルショップで買い取ってくれることがあります。
例えば、2nd STREETなどの生活雑貨の買い取りも行っているリサイクルショップの場合、状態の良い衣装ケースであれば買い取りを行ってくれます。

リサイクルショップに衣装ケースの買い取りを依頼する場合、まだ綺麗な状態のものであることが絶対条件です。ひびが入っている、変色しているなどの状態の良くないものは引き取ってもらえないので注意しましょう。

6引っ越し業者による引き取りサービスを利用する

サカイ引越センターなどの一部の引っ越し業者は、引っ越しの際に不要になったものを引き取ってくれる引き取りサービスを実施しています。

引き取りサービスの利用には事前に申し込みが必要な場合がほとんどなので、サービスを利用する際は事前に申し込みをしておくのを忘れないようにしましょう。

また、利用するエリアによっては引き取りサービスを実施していない場合もあります。必ず自分の利用する営業所が引き取りサービスを実施しているか、どのくらいの物まで引き取ってくれるのかという点についても忘れずに確認しておきましょう。

7不用品回収業者の利用

衣装ケース以外にも大きめの不用品がいくつかある場合や、急いで衣装ケースを処分してしまいたい場合、不用品を回収してくれる業者を利用して処分してもらうと良いでしょう。

ただし業者によって買取の対象品が異なりますし、「製造されてから5年以上経過しているもの」や「汚れや傷がひどいもの」などは買取不可としている業者も多いです。そのため業者のホームページを事前に確認しておきましょう。

弊社でも業者の見積を無料で比較することが出来ます。一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

8自治体回収の利用

衣装ケースのサイズが粗大ごみの基準に合致しており、なおかつ自治体で粗大ごみの回収サービスを実施している場合は、自治体の回収サービスを利用して処分することができます。

自治体によって詳しいサービス内容は異なりますが、粗大ごみを持ち込みする必要がない代わりに、回収まで日数がかかることがありますので注意が必要です。
後の項目で、粗大ごみの回収サービスの利用について詳しく解説します。

衣装ケースを廃棄物として処理するには?

ひび割れている、変色している部分があるなど、あまり状態の良くない衣装ケースは、リユースに出すよりも一度廃棄物として処分してしまうのが良いでしょう。 衣装ケースを廃棄物として処理する場合に気を付けたいことや、確認事項についてまとめました

1粗大ごみとして処分する

例として東京都世田谷区では、一辺の長さが30センチを超えるものは粗大ごみという扱いになります。

衣装ケースは大きさによって処理費用が異なります。最大の辺の長さとその次に長い辺の長さを合計して140センチ以下の場合は400円、140センチ以上200センチ以下の場合は800円、200センチ以上270センチ以下のものは1200円、270センチを超えるものは2000円の費用がかかります。

また、自治体によっては自分で粗大ごみを直接持っていく粗大ごみ処理センターがあります。粗大ごみ処理センターまで直接搬入すると、処理費用が約半額になります。処理費用を少しでも節約したい場合は、直接搬入がおすすめです。

収集日と料金についての案内が来たら、有料粗大ごみ処理券を購入し、粗大ごみに貼り付けます。ごみ処理券はセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニでも購入できますので、回収日の前日までに準備しておきましょう。

あとは処理券を貼り付けた粗大ごみを、回収日の指定時間までに家の外に出しておけば、センターの作業員が回収していってくれます。これで粗大ごみの収集は完了です。

粗大ごみの扱いについては自治体によって区分が異なります。なかには横浜市のように、「最も長い一辺の長さが金属製のもので30センチ以上、それ以外のもので50センチ以上」など、材質によって扱いを変えている自治体もありますので、粗大ごみの区分については事前にきちんと確認するようにしてください。

2プラスチックごみとして処分する

一辺が30センチ以下の小さなサイズの衣装ケースで、材質がポリプロピレンやポリエステルなどのプラスチックの場合は、自治体によってはプラスチックごみやもえないごみとして処分することができます。収集日を確認し、自治体が指定した袋に入れて決められた時間までに決められた場所に出してください。

世田谷区の場合はプラスチック類は可燃ごみとして回収していますが、さいたま市のように不燃ごみとして回収している地区や、大阪市のように普通ごみという区分で回収している地区など、地区によって対応が異なります。住んでいる地区でのプラスチック製品の区分を確認してから処分するようにしましょう。

3衣装ケースを業者に引き取ってもらう場合

お金をかけてでも今すぐに処分したい、自治体の回収が待てない、という場合におすすめなのが専門業者による不用品回収です。

回収業者はほとんどが「パック料金」というプランを用意しています。軽トラックや平車に積み放題でこの価格、という均一料金で利用できます。

軽トラックパックの利用で約2万から4万円のところが多いです。衣装ケースだけでなく、不要な家具や家電も積み放題で処分することができます。かさばるものを一度に処分したいときにはピッタリです。

衣装ケース以外の不用品もパック料金内で引き取ってくれるので、一気に不用品を回収してもらい断捨離をしてしまうのも良いでしょう。

4無料回収業者には要注意!

時々町内を回ってくる「無料回収業者」。無料で回収してくれるなら、とつい利用したくなりますがこの業者の利用には注意した方が良いでしょう。

通常、廃棄物をきちんとした手続きを踏んで処分、リユースするには、お金がかかります。無料回収業者は、一般に定められた家電リサイクル法や廃棄物処理法で定められた手続きを踏まないで、輸出に出す、使えない部品を不法投棄するなど、違法に廃棄物を処理している可能性が高いです。

また、無料で回収すると宣伝しておきながら、回収を依頼すると料金を請求されるというケースもあります。不用品を無料で回収するという業者は、利用しないほうが賢明です。

5安心できる業者はどこで見分けられる?

「産業廃棄物許可」や「古物商許可」と合わせて、「一般廃棄物の許可」を取っているかどうかを確認しましょう。また、会社自体がどれくらい長くサービスを実施しているか、どれくらい実績があるか、という点も見分けるポイントになります。

違法回収業者は、料金体系があやふやであったり、名称をコロコロ変えて営業していることが多いです。そのため、サービスが長く続いていて実績がある、きちんとした見積もりを出してくれる、許可を持っている、などのポイントをしっかりと確認すれば、違法業者に遭遇する可能性は低くなります。

衣装ケースはメーカーや状態によって処分方法を変えるのがベスト

衣装ケースのメーカーや状態によって、譲渡やリユースができるか、処分したほうが良いかという方針がある程度決まってきます。

有名メーカーの状態が良いものであればフリマアプリやリサイクルショップ、状態が悪いものやもう使えないものは処分というように、衣装ケースの状態に合わせて処分方法を変えるのが良いでしょう。

また、処分にかかる日数も重要です。フリマアプリや粗大ごみに出すという方法だと、処分できるようになるまでに時間がかかってしまうことがあります。
急いでいる場合は引っ越し業者や不用品回収業者を利用するなど、自分の状況に合わせて処分方法を検討するようにしましょう。